うつ病の治療

うつ病の治療は、休養・薬物療法・心理療法の3つ

休養・薬物療法・心理療法の3つ

基本は休養・薬物療法・心理療法の3つ

 

事前にしっかりと問診を行って現状を把握したら、その検査結果から最も有効な治療法を選択してきます。うつ病の治療法には、基本的に休養・薬物療法・心理療法の3つがあります。そして、個々の症状に応じてこの中から適切な治療法を選択して治療を行っていきますが、これらの治療法以外にも、必要に応じて音楽療法や磁気刺激療法なども併用していきます。

 

時間を掛けて十分に休養を取る

 

うつ病になった場合、焦らずにゆっくりと時間を掛けて十分に休養を取ることが必要です。うつ病は、真面目で責任感が強い方が発症しやすいことから、仕事や家事などを休まずにがんばろうとしてしまいがちです。ところが、普段よりも判断力・体力・気力が低下しているため、無理をすると余計に症状を悪化させる原因になりかねないので、無理をせずに時間を掛けて十分に休養を取る必要があるのです。

 

抗うつ薬を用いた薬物療法

 

うつ病の治療法では、抗うつ薬などの薬を用いた薬物療法も行われます。うつ病は、脳内の神経伝達物質の分泌量のバランスが崩れて機能が低下することで発症します。そこで、うつ病における薬物療法では、抗うつ薬などの薬を用いることで、脳内の神経伝達物質の分泌量を正常な状態に戻すことで、うつ病の症状の改善を行っていきます。

 

医者と患者が話し合ってうつ病を改善していく心理療法

 

医者や心理療法士などが患者さんと話し合って、患者さんの考え方や行動のパターンなどのうつ病の原因を把握することで、うつ病の改善方法や社会復帰をするためのアドバイスを行う心理療法があります。他にも、物事の捉え方や考え方をうつ病にならないように修正する認知療法、対人関係がうつ病の原因となっている患者さんには良い対人関係が築けるようにアドバイスする対人関係療法などがあります。

 

その他の音楽療法や磁気刺激療法

 

うつ病の基本的な治療法としては、休養・薬物療法・心理療法の3つ以外にも、音楽療法や磁気刺激療法などの治療法も併用して行われる場合があります。音楽療法では、音楽を聴くことによってストレス解消になったり、リラックスした精神状態にすることができ、磁気刺激療法では、電極を頭に装着して脳内に磁気刺激を与えることによって脳の機能を調整することができます。

 

詳細はコチラ

荒木式うつ病の治し方

ホーム RSS購読 サイトマップ