うつ病の原因

うつ病の原因

何が原因となってうつ病を発症する?

うつ病を発症する原因とは?

 

実は、何が原因となってうつ病を発症するかは、いまだに明確にされていないません。しかし、今までの研究によると、うつ病を発症しやすい性格や生活環境におけるストレスなどが大きく関係している可能性が高いことがわかっていて、これらが原因となって、脳内の神経伝達物質の機能が低下してしまい、うつ病の症状が現れるというわけなのです。

 

うつ病を発症しやすい性格

 

うつ病を発症する方に見られる特徴としては、うつ病を発症しやすい性格の持ち主だということです。では、どのような性格の方がうつ病を発症しやすいかというと、真面目で責任感が強く、完璧主義で熱心に仕事をする性格の方です。さらに、とても社交的で親切な性格と気が弱く寂しがりな性格の間逆な2つの性格を持ち合わせている方もうつ病を発症しやすいと言われています。

 

うつ病を発症しやすい生活環境

 

うつ病を発症するのには、何も性格だけが関係しているわけではありません。実は、生活環境におけるストレスや疲労の蓄積もうつ病を発症する原因となっているのです。男性の場合は、仕事の多忙や失敗による疲れ、職場の人事異動、退職やリストラなどで、女性の場合は、妊娠や出産、家事や子育て、更年期障害のような病気などが挙げられます。

 

 

うつ病の症状を表面化させているのは心の病気ではない?

 

うつ病と言うと、気分が落ち込んだり、何もやる気が起こらなくなることから、よく心の病気だと誤解されがちですが、実際は、心の病気ではありません。うつ病の症状を表面化させているのは、心の不調ではなく脳の不調なのです。生活環境におけるストレスや疲労などが影響して、脳内の神経伝達物質が正常に機能しなくなり、うつ病の症状が徐々に表面化してくるのです。

 

うつ病を発症する仕組み

 

うつ病は、感情のコントロールを司る脳内の神経伝達物質の機能低下が引き起こすことで発症します。別の神経細胞にいろんな情報を伝える働きがある神経伝達物質には、セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンなどがあります。これらの神経伝達物質が、生活環境におけるストレスや疲労の蓄積によって分泌量が減ったりして機能が低下してしまい、気分が落ち込んだり、何もやる気がなくなるなどのうつ病の症状を表面化させるのです。

 

詳細はコチラ

荒木式うつ病の治し方

ホーム RSS購読 サイトマップ